最低限知っておきたい準備についてお教えします。

楽しいお遍路.net

これだけは持っていこう

お遍路のときに持参するものはどのツアーを選ぶかによって異なっています。その中でも共通してこれだけはあると便利なものを紹介します。ここを読んで最低限必要なものを確認しておきましょう。

知っておきたい事前準備

お寺

これがあれば大丈夫

お遍路ツアーは正装でなくとも参加できます。しかし、最低限これだけは用意しておきたいものを紹介します。
・金剛杖
木製の長い杖です。お遍路ツアーに参加される殆どの方が持っているものです。坂道や山道を歩く時に支えになるので持っておくと良いですよ。
・輪袈裟
輪袈裟とは首からかける袈裟です。巡礼地に入る前には、輪袈裟を首からかけることが一般的なマナーとされています。
・数珠
数珠は本堂でお祈りを捧げるときに使用します。
上記の3つは最低限準備しておくといいですよ。これらのものは現地でツアー参加当日に購入することができるので安心してくださいね。

ツアーを選ぶ

集団で行動するのは苦手な方や、気の合う友人や、夫婦だけでゆっくり巡礼したい方には、タクシーツアーがおすすめです。
タクシーツアーであれば、四国お遍路ツアーのことに詳しいドライバーが事前と相談しながら工程を組むことができます。
また、ちょっとした美味しいお店や観光地など、好きなところに訪問できるので、おすすめですよ。
自分の足でお遍路する人の約70%が途中でリタイアすると言われているので、足腰に不安がある方にもタクシーツアーは人気があります。

羽織るもの

お遍路は気候が安定する4月~5月に行われる事が多いです。場所によっては肌寒いこともあるので羽織るものが1枚あると便利ですよ。
また、巡礼するお寺の中には、山の中にある場合もあります。暖かい時期でも少し標高が高くなると、肌寒くなることもあるので、最低1枚は準備しておきましょう。

飲料水と非常食

お遍路の道中で、山の中を巡る場合は自販機がなかなか無いこともあります。
また、熱中症や脱水を予防する意味でも飲料水は常に持ち歩くと良いでしょう。
特に、歩きお遍路に挑む場合は、歩く工程が長くなるので非常食も必需品です。
タクシーツアーであれば、巡礼地のすぐ近くまで車でいくことができるので、非常食は必要ないでしょう。
また、急にトイレに行きたくなったときも近くのコンビニによってくれるので安心ですね。